ABOUT

cokiyu
 
愛媛出身の電子音楽作曲家。音大在学時よりコンピュータを用いた現代音楽作品を創作。2007年、1stアルバム『Mirror Flake』を発表。映画の挿入歌として、またキヤノンやKINFOLKなどさまざまなウェブサイト上で使用されロングセラーを記録している。ヴォーカリストとしても参加アルバムが多数リリースされており、2009年には、オーストラリアツアーやデンマークの “SPOT FESTIVAL”に出演するなど海外でのライブパフォーマンスも展開。また、中島哲也監督の映画『告白』のサウンドトラックに新録曲2曲を提供、作曲家としても幅を広げクライアントワークも行うようになる。2011年には『Mirror Flake』のリマスター盤、2ndアルバム『Your Thorn』『Your Thorn Remixes』、翌年にはアメリカのアーティストBaths(anticon)らが参加したコラボレート・シングル『Haku』をリリースし、リスナーだけでなくアーティストからも高い評価を得る。現在3rdアルバム制作中。
 
cokiyu was born in Ehime. From her college days, she has been creating works using the Max/MSP composing contemporary music for voice and woodwind instruments, and percussion instruments. She started to do live performances since 2002 with many international artists such as Baths(anticon), Dot Allison, Natalia Lafourcade and AGF, and appeared at SPOT Festival ’09 (Denmark) and also records as vocalist with Bichi (hobby industries/aka: The Blue Foundation), Eberg, Robert Svensson (Mixtapes and Cellmates). In 2007, she released 1st album “Mirror Flake”. Her work was used on the movie “Confession : directed by Tetsuya Nakashima”, Tokyo Motor Show, the website of Canon etc. In 2011, her 1st album was reissued and 2nd album “Your Thorn” and “Your Thorn Remixes (incl. Shigeto, Opiate Remix etc.)” were released. Currently her noise set, influenced by Merzbow over 10 years ago, has come back. She had collaborated with Baths(anticon.) for single “Haku” in 2013. Now working on 3rd album.
 

cokiyu2015winter